• ストレスチェックとは

    昨今ストレスが原因で会社を辞めざるを得ないというケースが増えています。
    そのため、ストレスチェックを産業医が行うという制度もできつつあります。

    ストレスチェックについて分かりやすくまとめてあります。

    ストレスが原因でうつ病などの病気に発展するのも、その制度がしっかり機能していれば防げることになります。

    ストレスチェックは、ネット上でも行うことができます。

    簡易チェックですが、そのようなツールを利用して当てはまるものが多ければ病院を受診するなどするようにしましょう。

    ストレスによるうつ病や自律神経失調症、パニック障害など様々な障害を発症します。

    うつ病は重症化すると自殺まで追い込まれてしまったりすることもあります。それを防ぐためにも日ごろから「何か変だな?」と思ったらストレスチェックを行うようにしましょう。ストレスチェックを行うきっかけの症状としては、○気分の落ち込みが続く。○不眠になる。


    または過眠になる。

    産経ニュースの情報検索をお役立てください。

    ○今まで楽しいと思っていたものへの興味が失せる。



    ○死んでしまいたい、消えてしまいたいと思うことがある。


    ○食欲が落ちる。食べ物を食べても味を感じることができなくなる。○不適切な罪悪感。

    などです。


    特に、死んでしまいたい、消えてしまいたい、などという気持ちが現れたら、迷わず病院へ行きましょう。


    通院し、投薬治療を受ければそのような気持ちもなくなり、会社を辞めざるを得ない状況にはならなくなります。
    そのためにも、日ごろからストレスチェックを意識することが重要です。